ドライスキンって何?

ドライスキンはその名の通り、お肌が乾燥している状態のことです。

うるおいバリアの機能が低下して隙間があき、そこから水分がどんどん蒸発してしまい、カサカサになっています。

ドライスキンになる原因としては、肌の新陳代謝の低下、角質層の水分が不足し、生理機能が衰えたことなどが考えられます。

不規則な生活習慣、偏った食生活、加齢、ストレスなどがドライスキンを引き起こします。

改善にはまずよく眠り、バランスの取れた食事を心がけ、ストレスがなくなるように心がけましょう。

そしてお肌のうるおいバリアを再生させるためのスキンケアを行います。

ドライスキン対策のスキンケアはうるおいをもたらすための保湿が一番です。

保湿に優れた化粧水、美容液、乳液などの基礎化粧品でお肌にうるおい成分を補給させてあげましょう。

洗顔をすると、お肌が乾燥しがちなので、そのあとの保湿ケアを忘れないようにします。

洗顔料自体、刺激の少ない植物成分や、保湿できるヒアルロン酸、コラーゲンなどの成分を配合しているものが望ましいです。

また、化粧品を選ぶときには浸透力があるものを選びます。

せっかくの保湿成分も、肌の奥の角質層にまで届かなければ意味がないからです。

通販で探すと、お肌に優しい自然の原料を使いつつ、最新技術を使って浸透力を強めた化粧品が見つかりますから、トライアルを活用するなどして、試してみるといいでしょう。

ドライスキンの改善には、長い期間が必要ですから、あきらめずに続けるのが大切です。