円建外債とは?

円建外債とは、一般的にサムライ債と呼ばれていたり、サムライボンドといった呼び方をされています。

海外に住んでいる人が、日本の投資家をターゲットにして日本国内のマーケットで円建で発行している債権です。

日本という国は世界の債権マーケットの中で、海外の発行体からしてみれば、数日でも巨額の資金が手に入る、数少ない市場として知られていますし、金利が低いことなども魅力です。

円建外債の発行体は、色々とありますが、国際機関や外国の政府、政府系機関や外国の民間企業なども含まれます。

1970年にアジア開発銀行が、野村證券を主幹事にして60億円の債権を発行したというのが一番最初の円建外債になります。

円建外債は市場環境により、何度か発行が多くなった時もありましたが、2007年にサブプライム問題が起きてから、海外の企業が資金を調達するターゲットを広げることになり、発行額はかなり大きくなりました。

ですが、その後世界的に信用収縮が深刻化して、円建外債のマーケットも一時的に麻痺した状態になりました。

円建外債は国内で発行される国内債ですから、日本法を準拠法にしています。

そして記入商品取引法に則り開示書類を作ることや、債権の管理会社を原則、設置しなければいけないことになっています。

円建外債の種類は、利払い、元本の他にデュアル債、リバースデュアル債などもあります。

利金、償還金は、必ず両方とも円になる必要はないのが特徴です。

為替の変動リスクはありませんが、国内の会社が発行している格付けの債券と比較すると利率は高めです。