ミトコンドリアって何?

ミトコンドリアとは、様々な生物の細胞に広く含まれている細胞内構造物の一つです。

丸いカプセルのような形状をしており、通常は一つの細胞に数万から数十万というミトコンドリアが存在します。

ミトコンドリアは細胞の中で呼吸をサポートし、エネルギーを生産する重要な役割を担っています。

肺から吸い込いこまれた酸素は、血液によって体内の細胞に運ばれ、その後ミトコンドリアによって糖や脂肪を燃やす燃料として使われています。

この燃焼過程でエネルギーが発生し、生物はそのエネルギーを利用して生命活動を維持しているのです。

現在、このミトコンドリアの働きに着目した「ミトコンドリアダイエット」が注目を集めています。

有酸素運動と筋肉トレーニングをバランスよく組み合わせ、ミトコンドリアの働きを活性化することによって、効率の良いダイエットが実現すると考えられています。

ミトコンドリアは、脂肪や糖を燃やしてエネルギーに変える役割を持っていますから、ミトコンドリアが活発に働けば、体内に取り込める酸素の量が増え、脂肪の燃焼力がアップするといわれているようです。

ミトコンドリアの活性を高めるには、心拍数を130程度に保つ運動が効果的です。

通常、有酸素運動と無酸素運動を30秒ずつ交互に行うことで、心拍数を一定に保つことができるようです。

ただし、個人差があるので運動の内容は体力に応じて調整してください。

運動がきつく感じられる場合は、無酸素運動を減らして、有酸素運度を増やすのがコツです。