内臓脂肪ダイエット方法

内臓にがっちりついてしまった内臓脂肪は、思うように落ちないのが現実です。

過剰に蓄えられている状態ですので、メタボリック症候群や生活習慣病の原因の一つでもあります。

この内臓脂肪を少しずつ減らしていく内臓脂肪ダイエットもあります。

内臓脂肪のダイエット方法は、食事と運動を組み合わせて行う方法をとることが一番の近道です。

生活習慣を見直して、食べてはいけない時間にものを食べていないか、量は適正か、間食はどのようなものをどれだけ食べているかを洗い出しましょう。

それとあなたの身長と体重、年齢から割り出した一日に消費される基礎代謝量を割り出します。

一日の基礎代謝量とあなたの摂取すべきカロリー量を比べ、あなたの食事内容を改善させましょう。

脂肪分の高い食事をやめて炭水化物をできるだけ減らす事だけでも、体重がぐんと落ちる方も多いようです。

次に、適切な運動を行います。

急に運動を始めると、けがや筋肉痛などのトラブルにつながります。

この場合は筋肉量の維持に十分な量の運動を行うにとどめ、慣れてきたら運動量を増やす事を考えるとよいでしょう。

この方法を用いて、3〜4カ月の長期間で内臓脂肪をダイエットさせることが望ましいといわれています。

特にメタボリック腹が気になる中高年が急に短期決戦でダイエットを行うと、低血糖を起こしたりする場合もありますし、ストレスを感じる弊害もあります。

レコーディングダイエットなども取り入れて効果的に内臓脂肪を落としていきましょう。