プロバイダの賢い乗り換え方法

プロバイダを乗り換える際のポイントは2点に絞られます。

即ち、引越しなどをする際に行なう「回線の新設」か、あるいはADSLから光ファイバへの回線変更など「コースの変更」のいずれかが大半になるでしょう。

当然のことながら、回線変更や引っ越しの際に、プロバイダを別の企業に乗り換えてしまうことも可能です。

現状のサービスや料金に不満があるのであれば、積極的にプロバイダの乗り換えを検討してみてください。

プロバイダを乗り換えるのであれば、新しいプロバイダへの入会と、旧プロバイダの解約手続きが必要になります。

プロバイダを解約する際、注意したいのが特殊なキャンペーンやサービスです。

例えばPCを購入した際に、プロバイダへの同時入会で料金が割り引かれているケースがあります。

こうした入会形態を採った場合は、一定の期間プロバイダの解約ができない可能性があります。

また、年間契約でプロバイダに加入している場合は、中途解約によってどの程度料金が戻ってくるのか(あるいは戻ってこないのか)確認してから解約手続きを進めましょう。

新しいプロバイダと契約する際には、契約コースの確認を入念に行ないます。

それぞれ料金や回線速度が異なります。

引越し先や集合住宅によっては、一部のコースやサービスが対応していない場合もあります。

回線を導入するための工事や申請が必要になるのであれば、別途料金が発生します。

利用料金と併せて十分に確認を行なってください。