NISA口座の開設キャンペーンとは?何かメリットがある?

NISAとジュニアNISAは何が違うのかご存知ですか?通常のNISAですと、自分のために口座を開設してお金を出し投資していくことになります。

一方でジュニアNISAのほうは0歳から19歳までの子供や孫などために、親権者などが代理で運用していくしくみになります。

口座を開設できない未成年のためという面と、子供や孫の将来のための備えという面の二つがあります。

18歳まで払い出しが原則できないという制限があり、20歳になりましたら、自動的にNISA口座に変更されます。

制度終了後に非課税期間を満了したとしても、20歳になるまで引き続き非課税というのは大きなメリットですね。

NISAによる資産形成はたまにニュースになっていますよね。

コンビニに置いている雑誌など身近なところでも目に触れる機会があると思います。

かといって、実際に手を付けるかどうかは簡単には決められませんよね。

預金してもあまり増えないからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減ってもいいわけじゃないですしね。

私たち一般人が生活の上で投資をはじめるときに最初に考えるべきなのは、リスクよりもまず、何のためにやるのかという目的です。

老後にまとまったお金が必要になるかもしれないと感じたなら、まずは数年先の未来を想像してみることをおすすめします。

将来発展しそうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

NISAと積立NISAの違いについて簡単にいうと、現物株や投資信託が扱える通常のNISAとは異なり、投資できる金融商品が制限されています。

積立NISAは投資信託しか扱えませんが、中でも分配金が頻繁に支払われるタイプではないという特徴を持っていて、販売手数料がかからないこと、公募投資信託か上場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

また、投資上限についても年40万円までと決められています。

上限が低い代わりに非課税投資枠が20年間で最大800万円迄となっています。

通常のNISAと併用することはできないのも注意が必要なポイントです。

NISAを銀行でやろうと思っている方はいませんか?取引先にすすめられて...などいわゆるしがらみのようなものがないのであれば、手数料が安いネット証券がおすすめです。

ゆうちょや銀行などはご近所にある金融機関の場合、NISAとは?というところから丁寧に説明してくれますから、直接やり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの1番特徴である非課税というのは、支払うコストが低くなるということですから、どうせなら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですね。

できるだけリスクを低くすることも考えて銀行にするかどうか最終決定をしましょう。

NISAで1万円から始めたいという需要は少なくないようです。

バランスを崩さないように無理せず投資も。

といったことはよく言われていますが、本当のところ少額の投資では少額の取引自体のリスクがあったりします。

株式取引を例に考えてみますと、実際株ってものによっては数万ぐらいから数十万ほど必要になるんです。

とするとある程度の資金があることが参加条件となってきますし、限られた資金で選ぶ一つの会社が結果としてどうなるか考えてみても分からないですから、例えある程度お金がある人でも今までやっていなかった投資をあえてするのはやめようと判断することになります。

投資信託であれば低予算でも分散投資ができるようになっています。

NISAとは分かりやすく考えると、金融商品の利益を非課税にするという制度のことです。

日本では2014年に開始した取り組みで、年間で120万円という金額が非課税で売買できる枠となります。

もっと詳しく言うと日本に住む20歳以上となっていまして、ひとりにつき1口座を持つことができます。

課税されないというのは素敵な響きですが、株などの配当や売買益といったものがその対象です。

NISAの非課税期間は最長5年までで、現在保有しているものをNISA口座に移動させるということはできません。

NISAは非課税という最大のメリットがある一方でデメリットも存在します。

その一番の理由は損失の繰り越しができないということです。

含み損が出ている状態で5年の期限を迎えた場合、証券会社の場合、特定口座か一般口座へ引継ぎとなりますが、そのとき、手数料こそかかりませんが、その値段で新規に買ったということになります。

50万で買った株が引き継ぎ時に25万円になってしまった場合、口座へ引き継ぐ際には新規で25万円で買ったという扱いになり、仮に30万円で売却したとすると5万円分が利益ということになり、含み損が出ているのにも拘らず税金を課せられてしまうのです。

そのため、含み損がでている場合、一度決済してから買い戻すのが現実的かもしれません。

そういう手間や手数料といった意味での総合的なコストが実際的なデメリットと言えそうです。

NISAの運用期間は2023年までとなっています。

当初から決まっていたことではありますが、これからはじめる方にとっては残り僅かな期間になってきましたね。

この期間までは、5年の期限が切れたものでも、ロールオーバーで持越しをすることが可能でしたが、これからはじめる方はこの仕組みは利用できないと思っていいでしょう。

ではNISAの期限が切れるとどうなるかが気になってきますが、その場合は売却してしまうか、課税対象の普通の口座へ移すかのどちらかになります。

非課税口座と課税口座の間で株や投資信託を移行させることで、最終的な収支を見積もっておきましょう。

NISAのリスクは主に2つあります。

まず一つ目は、NISAの仕組みです。

NISAは利益に対して課税されないメリットがありますが、損失が出てしまったときに損益通算ができません。

このことは源泉徴収ありの特定口座でも同じことが言えるのですが、NISAには5年間という非課税期間の期限があるところです。NISA口座の開設をするとキャンペーンで特典が付いてくる場合もあります。ですから証券会社選びも厳選する必要があります。

参考:NISA口座開設キャンペーン比較!【2018年おすすめは?】

期限間際に一般の口座に移動させることはできるのですが、含み損が出ていたとしても考慮されないのです。

一度売ってから再び買い戻しをすることになるかもしれません。

あとは金融商品自体にリスクというのは当然あります。

NISAの最大のメリットは非課税だということですよね。

NISAならではのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておくことが大切です。

毎年与えられる120万円の非課税枠は使い切りです。

枠という言葉に惑わされやすいのですが、例えば25万円の株を購入したあとに売っても、25万円分の枠は戻ってこないということです。

こちらは誤解している人はあまりいませんが念のため解説すると、120万円までという枠なのですから、120万円を超える購入はできません。

また、枠自体を持越しすることは不可ですので、年内に使いきれなかったとしても翌年その分増えるということもありません。

NISAで取引が可能な金融商品と言えば、ざっくりと3つに分けることがき、株、投資信託、ワラント債というものに分けられます。

株でもリスクが高い信用取引は含まれませんが、比較的リスクの少ない債券についても対象外になっています。

割と人気の高い外貨MMFなども含まれてないですし、情勢不安の際でも安定している金やプラチナなど先物やオプションも対象外です。

FXなど、ハイリスク型と呼ばれる金融商品も含まれていません。

NISAという商品が誕生した理由は、日本では預貯金する傾向が高いため、その分を株式投資にまわすことができれば経済全体が活性化するのではと考えられてのことだそうです。

つみたてNISAが後継として生まれたことからも、長期的に投資資金に回すことを狙っているものと思われます。

NISAで投資信託というのは初心者向けと言われています。

理由はというと、投資にかかる費用が少額で済むからです。

現物株の場合は銘柄にもよりますが、1単元あたり数万円から数十万円はかかりますので、限られた銘柄にしか投資することができません。

一度に大きな額を投資するという点で心理的なハードルも高いですね。

一方、投資信託は複合的な金融商品のため、120万の枠があるNISAであっても分散投資が実現できます。

投資資金があまりないという方にもおすすめですね。

プロに運用してもらうことになると、手数料や信託報酬などが必要になりますのでその点はご留意ください。

NISAにはロールオーバーと呼ばれている制度があります。

NISAには最長5年という制限が設けられていますが、5年経過した後に、その年の新たな非課税枠を使用し、その状態のまま移すことをロールオーバーと呼ぶのです。

NISAの投資枠自体は毎年120万円迄と決まっていますが、購入した金融商品が120万円を超えている場合でも、ロールオーバーが可能です。

ジュニアNISAの仕組みについてもロールオーバーついては基本的には同じです。

ただ、NISA自体が2023年までの仕組みですから、これから運用を始めるという人にとっては、ほとんど関係ないかもしれません。

NISAでおすすめなのはどんな投資でしょうか?もし投資をしたことがないという初心者なら、まず最初に理解しておく必要があるのはNISAかどうかではなく、投資にはリスクとリターンがコインの裏表のようについてくるということです。

預金は元本保証があるし投資はリスクがあるという単純な話ではなく、何が起こるとリスクとして現れるかということを知ることです。

例えば株式であればその会社の業績が大きく影響してきます。

投資信託については銀行などでも見かけるのでもしかしたら株よりも身近に感じるかもしれませんが、投資先の金融商品が経済の状況の変化とどういうふうに連動していくのかは考えておいた方がいいでしょう。

その上でもう一度投資に対する考え方を整理しなおしてみるといいでしょう。

現在契約しているNISAを別の証券会社等に変更したいというケースがあると思います。

1年に1回変更することができるようになりました。

もう1点、普通のNISAからつみたてNISAに変更したいという場合があるかと思いますが、こちらの手続きも1年に1回対応してもらえます。

ここで気になるのが、変更前に買った株や投資信託が、変更する際に強制的に解約する必要の有無だと思います。

しかしその点は大丈夫なので安心してください。

前年度に買ったものは引き続き持ち続けることが可能です。

もちろんNISAの枠組み制限はそのままですからその点は注意しましょう。