インターネット回線はOSをヴァージョンアップしても切れてしまう時があります

年々脅威になってくるウイルスなどの対策のため、できるだけ最新のOSにするのが被害を防ぐ方法ですが、OSをバージョンアップしても、稀にインターネット回線の通信が切れてしまい、ネットにつながらない状態があります。
一度コンピューターをシャットダウンし、モデムのアダプターのコンセントを暫く外して様子を見た後、再びコンピューターを立ち上げれば問題なくネットにつながりますが、インターネット回線に不具合が生じれば、ネットを使用しての作業が全くできませんから、不便に感じますし、時間も非常にもったいないです。
OSに問題があるのか、回線に問題があるのか判断しかねますが、以前から起こっていることなので、早めの問題解決が望まれるところです。
やはり不安になりますし、どこか故障したのかなと、焦ってしまいます。
OSが新しくても、これでは意味がありません。
プロバイダーを替えたほうがいいのかも判断しかねてしまいます。
何事も完ぺきはないということでしょう。