草花木果は資生堂と関係があるのか?

草花木果の販売会社は、資生堂の完全子会社である株式会社キナリです。
このキナリの由来は日本語の「生成り」からきているようです。
この生成りという言葉は、自然とともに生活し、自然から学び、自然の豊かさを授かってきた日本人の生き方を示す言葉です。
この言葉が自然由来の化粧品を販売する会社として、ふさわしいということで命名されたということです。
このキナリは販売会社としては非常に変わったシステムをとっています。
まず販売している商品は、自然由来成分の化粧品「草花木果」になります。
この「草花木果」ブランドの化粧品を揃えて販売を行っています。
通常、商品を販売するときは化粧品に限らず、店舗流通などのチャネルももっているものですが、この草花木果は通信販売オンリーの販売方式をとっています。
草花木果は自然由来の原料を使用したものです。
このことは品質管理、鮮度管理の困難さという障害があります。
それでも、その商品は日本人が古くから親しんできた植物である、ゆず、緑茶、どくだみ、よもぎ、炭、米ぬかなどを原料にユーザーの肌を美しくしていく製品を作っている会社です。
草花木果どくだみの良い口コミ発表!【本当にニキビに効果あった?】