残高スライドリボルビング方式って何?

残高スライドリボルビング方式とは、クレジットカードやキャッシングで活用されているリボルビング払い、通称「リボ払い」のひとつです。

リボルビング払いとは、カード利用案件ごとに支払い回数を決めるのではなく、限度内の利用額について、利用残高に関わらず毎月一定の金額または一定の利率で決められた金額を支払っていくという返済方式です。

リボルビング払いには、定額方式、定率方式、残高スライド方式の種類があります。

残高スライド方式は、締め日に確定した利用残高(借入残高)から返済の定額、または定率を変更していく方式です。

この変更のことを「スライド」と呼んでいます。

残高スライド方式には、「残高スライド定額方式」と「残高スライド定率方式」の2つがあります。

残高スライド定額方式は、借入残高によって段階的に返済定額を変更します。

残高スライド定額方式はさらに以下の2つの方式があります。

・残高スライド元利定額リボルビング方式 ・残高スライド元金定額リボルビング方式 残高スライド定率方式は、借入残高によって段階的に返済定率を変更します。

残高スライド定率方式には以下の2つの方式があります。

・残高スライド元利定率リボルビング方式 ・残高スライド元金定率リボルビング方式 残高スライド方式残高によって定額、定率を見直しますからから、支払い回数が長くなる傾向があります。

長期間で無理なく返済した時に向いています。

返済方法が変更できる場合もありますので、経済的にきついときは残高スライド方式、短期間で返済したいときは定額方式と使い分けるといいでしょう。